インプラント治療の前に手順を把握しておこう

審美を追求した治療法

man and woman

虫歯の治療で使用される素材は金属がほとんどでした。金属を使用すると歯茎が黒ずんできたり、金属アレルギーを引き起こしたりするという問題がありました。しかし最近では金属や変色しやすい素材を使用するのではなく、代わりにセラミックを使用するオールセラミックが注目されています。保険適用内の治療で使われた銀歯が気になるという人や、歯の神経が死んでしまい変色しているのが気になるという人におすすめの治療です。オールセラミックには多くのメリットがあり、歯科医療関係者の多くがオールセラミックで治療をするほどです。そのメリットというのは、見た目が自然であるということです。セラミックは透明感があり治療をした箇所が目立ちません。また、自然の素材なので金属アレルギーの人でもアレルギーを引き起こす心配がなく、金属やプラスチックのように劣化することもないので長持ちします。そして、虫歯になりにくいというメリットもあるので、歯の健康を維持することができるのです。

オールセラミックのデメリットは、保険が適用されないので自費診療になるということです。そのため高い治療費が必要になります。オールセラミックの治療にかかる費用は各歯科医院で設定されているので、安いところもあれば高いところもあります。なるべく費用を抑えたいのであれば、事前に色々な歯科医院の情報を収集して治療費用の相場がどのくらいか調べておくと良いでしょう。そして、相場と同じくらいの価格設定をしている歯科医院で治療を受けるようにしましょう。